2017年5月17日水曜日

CPUから選定

先日来自作パソコンを夢見て、あれこれスペックを考えておりますが、

結論としては、
ありえないくらいのハイスペックパソコン制作で、

まずは、
CPUが高動作周波数、かつ、超絶マルチコアをやろうかとw

ちょうど、これを思い立った頃、
世間ではcore i7が全盛を誇り、
PCを買い換えるにも、自作にも、
ひたすらcore i7がオススメされていました。

確かにいいCPUですし、スペックも申し分ないです・・・
が、それではあくまで、
物理4コア、論理8コア
ないし、一部のCPUで、
物理6コア、論理12コア
というだけでして

いえ、もちろんそれでもすごいんですけど
ただ、せっかくなので、
その上をいきたいな、と

intel自身
動作クロックを上げるのは最近の、3GHz以上、4GHz未満の状態で、
結構限界に近くなり、今後はマルチコアのコア数の追求の流れになる、と言ってるくらいですしね。

ここは、
最低でもクロック数(動作周波数)3GHz以上で、かつ10以上のコア数、という条件の上、
極限を目指してみようかと

そんな野望を持ってパーツ選定してみようと思います。


燃えPaPa

0 件のコメント:

コメントを投稿